アスリート

石田隼都の父や母は?身長や体重・出身中学などのプロフィールについても

夏の全国高校野球がいよいよ始まり、注目選手として名前の挙がっている東海大相模の石田隼都投手。

石田隼都選手の父や母の両親はどんな人?石田隼都選手の身長や体重・出身中学はどこなのか?といったことが気になりますよね。

そこで今回は

石田隼都の父や母は?

石田隼都の身長や体重・出身中学は?

ということでお送りしていきたいと思います。

石田隼都の父や母は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

©︎ (@shogo__07)がシェアした投稿

石田隼都選手の父と母についてですが

父の英生さんは野球経験者で石田選手が小学校の頃に所属していた「真岡クラブ」の監督をされていたそうです。

石田選手にはお兄さんがいるそうで、父の英生さんはお兄さんへの指導が厳しかったこともあり、石田選手には楽しくやってほしいとのびのびとやらせていたそうです。

母についてはわかりませんでした。

父と母の両親ともに野球選手ではなく一般の方ということになりますね。

ここまで注目選手であると、両親がプロ野球選手であったのではないかと思ってしましますよね。

石田隼都の身長や体重・出身中学は?

石田選手の身長と体重についてですが

身長は186cmで体重は76㌔になります。

高校生としてはかなり身長は高いですし、体重もしっかりとあってがっちりしていますね。

大学やプロを考えていくと体重はこれからも増量していくはずだと思います。

ついでに簡単なプロフィールについてもご紹介していきたいと思います。

石田 隼都(いしだ はやと)

神奈川県代表 東海大相模高校

生年月日:2003年4月5日

出身:栃木県真岡市

ポジション:ピッチャー

最高速度:146㌔

球種:スライダー・チェンジアップ・カーブ

早いリズムで投げていく投球スタイルで打者に考える時間を与えない

出身中学などの経歴についてですが、

出身小学校は地元の栃木県真岡市にある、真岡小学校になります。

小学校では「真岡クラブ」という軟式野球チームに所属していました。

全国大会への出場も果たしたそうです。

そこで父である英生さんの監督のもと、指導を受けていたということになります。

出身中学校は真岡中学校になります。

中学校では部活動に入らず、硬式野球チームの「真岡ボーイズ」に所属していたそうです。

2年生の頃からエースとして活躍し、3年生で中学生以下の日本代表に選ばれます。

多くの高校から声がかかったそうですが、東海大相模高校への進学を決めました。

憧れている中日のピッチャーである小笠原投手の出身校であることも理由の一つなんだとか。

一年生の夏にも3回戦で先発し5回1失点、去年の甲子園交流試合では大阪桐蔭相手に7回1失点と好投しています。

今回の甲子園ではどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。

まとめ

石田選手について書いていきましたが、父・母の両親は一般の方になります。

今回の甲子園では注目度が高く、素晴らしい活躍を見せてくれるはずです。

また今後についても楽しみな選手になりますね。