アスリート

畠山愛理の英語力向上は鈴木誠也のメジャーを見据えてなのか!

日本のプロ野球広島東洋カープに所属している侍Japanの若き主砲鈴木誠也選手がメジャーへ行くということで話題になっていますよね。

そんな鈴木選手の奥様はン元新体操日本代表の畠山愛理さんになります。

二人ともアスリートで美男美女ということですごくお似合いですよね。

そんな畠山愛理さんはネット上でかなり

英語について検索されているそうなんです。

一体どういうことなのか気になりますよね?

そこで今回は

畠山愛理の英語力向上は鈴木誠也のメジャーを見据えてなのか!

ということでお送りしていきたいと思います。

畠山愛理の英語力向上は鈴木誠也のメジャーを見据えてなのか!

畠山愛理さんがどんな理由で英語という検索が一緒にされているのか気になりますよね?

いろいろと調べてみましたが、理由についてはよくわかりませんでした。

畠山愛理さんについて英語が得意であることも帰国子女だということも、

海外留学やハーフであるという情報も見つかりませんでした。

ただ畠山愛理さんを気になった人が英語について調べたかったのかもしれませんね。

畠山さんや新体操の日本代表としてロンドンオリンピックとリオデジャネイロオリンピックに出場しています。

それ以外にも新体操選手として数々の国際大会に出場してきました。

そこでかなりの海外渡航の経験があることから、英語力について検索する人が多かったのかもしれませんね。

「HighFlyers」というインタビューにおいて

”音楽は聴きますね。テンポがいい曲を聴きます。選手の中にも、試合前に落ち着く曲を聴く人とテンション上がる曲を聴く人といるじゃないですか。私はどっちかと言うと明るい曲を聴いて試合に行くタイプで。英語とか意味がわからなくても聴いてますね。アリアナ・グランデさんとか聴いてます。”

という発言がありました。

多分英語がペラペラなくらい英語力があれば、洋楽の英語の聞き取り力はあると思います。

英語とか意味がわからなくてもということは、まだ音楽を聴く際に英語を聞き取る英語力はないということになりそうです。

今回は旦那さんである鈴木誠也選手がメジャーへ行くということになりましたが、

アメリカでの生活が始まるとなると日常英会話くらいの英語力が必要になってくると思います。

もしかしたら、日常英会話くらいの英語力はあるのかもしれませんね。

ちなみに同じメジャーリーグへ挑戦したことのある選手の奥さんたちを見てみると

田中将大投手の妻である里田まいさん

前田健太投手の妻である成嶋早穂さん

イチロー選手の妻である福島弓子さん

など有名な方がいます。

里田まいさんはおバカキャラでバラエティ番組で人気となったのですが、いったいどのくらい英語が話せるのでしょうか。

アナウンサーをやられていた方などは高学歴で勉強もできると思うので、そこそこの英語力があるのかもしれませんね。

言語はその環境にいれば自然と身につくものです。

畠山さんもそこまで英語が得意でなくても何とかなるのではないでしょうか。

野球以外のアスリートの中には

語学教室に通い所属チームの母国語の勉強をしていた選手もいます。

サッカー日本代表の長友選手はイタリアへ移籍した当初は、

イタリア語の教室に通っていたそうです。

チーム内でコミュニケーションをとるためには語学力があった方がスムーズにいくのではないでしょうか。

通訳の方を通すこともできますが、自分で思ったことを話せた方が意思疎通もしやすいと思いますね。

鈴木選手も長く活躍するのであれが勉強した方がいいですし、ついでに畠山さんもいい所に学ぶのもいい機会かもしれませんよね。

今後アメリカで生活していくには少なからず語学力が必要になります。

これからどのくらい向上するのか楽しみですよね。

まとめ

今回は畠山愛理さんの英語力について考察してきましたが

英語が流ちょうに話せるほどの英語力はまだない

ということになりそうです。

あれだけ世界の舞台で活躍してきて美貌があれば、英語尾話せるのではないかと期待してしまいます。

もしかしたら数年後にはそうなっているかもしれませんね。