アスリート

鈴木博昭の身長や体重は?戦績や所属ジムなどについても

2021年のRIZIN大晦日で萩原京平選手と対戦が決まった鈴木博昭選手。

前回のRIZINで衝撃のKOデビューを果たした勢いのまま、

これからRIZINを背負っていくであろう萩原選手との対戦で話題になっています。

お互いストライカー同士どんな試合になるのかすごく楽しみですよね。

そんな鈴木博昭選手はまだRIZINに出ていたばかりで

どんな選手なのかよくわかりませんよね。

身長や体重などのプロフィールはどうなのか。

戦績や所属ジムはどこなのか気になると思います。

そこで今回は

鈴木博昭の身長や体重は?

鈴木博昭の戦績や所属ジムなどについても

ということでお送りしていきたいと思います。

鈴木博昭の身長や体重は?

 

鈴木博昭選手の身長と体重を見ていきましょう。

身長は167cmで体重は65㌔になります。

身長が成人男性の平均よりも低いですが

同じフェザー級で対戦する萩原選手と比べるとかなり体に厚みがありますよね。

かなりパンチなどの打撃が強いと予想されます。

簡単に鈴木博昭選手のプロフィールについてもご紹介していきたいと思います。

鈴木博昭 (すずき ひろあき)

通称:怪物くん

生年月日:1984年12月6日

出身地:愛知県豊橋市

身長:167cm

体重:65㌔

所属ジム:BELLWOOD GYM

バックボーン:シュートボクシング・空手

鈴木選手はかなり厚みのあるガタイから繰り出される身体能力の高さから

「怪物くん」という名前で呼ばれています。

かわいらしい感じもしますがどこか恐ろしさもある名前ですよね。

年齢は今年37歳になりますが見た目ではまだ20代と感じた人も多いと思います。

かなり若々しく見えますよね。

萩原選手とは10才ほど離れているので体力面ではどうなのでしょうか。

2018年に「ストライキングジムAres」の所属ジムから抜けて、

自身の「BELLWOOD GYM 」を立ち上げ所属しているようです。

RIZINでは総合格闘技として試合をしますが、

もともとはシュートボクシングの選手でした。

2006年にプロとしてデビューを果たし、

2012年「初代SB世界スーパーライト級王者」のタイトルを獲得しています。

RIZINのデビューは2021年になります。

朝倉未来選手と萩原京平選手の対戦でかなり話題になった

「RIZIN Landmark Vo.1」で奥田啓介選手との試合にないります。

衝撃の1ラウンドTKO勝利を飾り

その試合を評価されて大晦日に萩原選手との対戦が組まれたと思います。

格闘家にとって大晦日の試合は夢の舞台であるので

鈴木選手もかなり嬉しいことと思います。

鈴木博昭の戦績や所属ジムなどについても

鈴木博昭の戦績

鈴木選手の戦績についてご紹介していきます。

シュートボクシング:39戦32勝7敗

ムエタイ:3戦2勝1敗

総合格闘技(MMA):1戦1勝0敗

鈴木選手は長い間SBの主要選手として活躍してきました。

鈴木選手の代表的な試合を見ていくと

2009年には及川知浩選手にKO勝ちを収めましたが、

この試合で「SB日本スーパーフェザー級タイトルマッチ」が行われる予定だったものの

鈴木選手の計量オーバーによりノンタイトルマッチとなりました。

これによってSB協会は鈴木選手に対してファイトマネーの全額没収とランキングの降格のペナルティを与えています。

三か月後に及川選手からのリマッチの要望があり対戦しましたが判定負けとなり

タイトルの獲得にはなりませんでした。

2014年に「S-cup65kg世界トーナメント」の決勝戦で

ザカリア・ゾウガリー選手を延長2ラウンドでTKO勝利をしています。

しかしどういったことで物議をかもしたのかわかりませんが、

判定の内容がかなりの話題となっていたようです。

2015年にザカリア選手と再戦していますがこの試合では判定負けとなっています。

鈴木博昭の所属ジム

鈴木選手の所属ジムについてですが

「BELLWOOD GYM」に所属しています。

先にも書きましたが2018年に所属していたジムを抜けて

新たに自分で立ち上げたジムに所属しています。

2019年に新しくオープンしたジムで

愛知県の豊橋市に位置しています。

所属選手には「13代SBスーパーバンタム級王者」の内藤大樹選手がいます。

まだ始まったばかりのジムで代表の鈴木選手が注目を集めている今

これからどんどんスター選手が出てくるかもしれませんね。

まとめ

今回は鈴木選手のことについて記事にしてきました。。

今回のRIZINの試合も面白い戦いが予想されています。

37歳と年齢的にはピークを過ぎてしまったかもしれませんが、

今後の活躍に期待したいところですね。