サッカー選手

守田英正とパワハラの関係は?高校時代に無免許運転は本当?

日本代表として主力選手となった守田英正選手。

ワールドカップ予選では安定した守備で、何度も日本のピンチを救い、

攻撃の面でも相手チームを脅かしました。

予選に入ってから守田選手への評価が上がりっぱなしです。

そんな勢いのある守田選手は、ポルトガルリーグの強豪スポルティングが獲得を狙っていて

守田選手も移籍を希望すると報じられ、話題となっています。

所属クラブへの批判や不満と捉えられたからです。

そんな守田選手を検索すると高校時代、無免許、パワハラについてでてきます。

これはどういうことなのか気になりますよね。

そこで今回は

守田英正とパワハラの関係は?高校時代に無免許運転は本当?

ということでお送りしていきたいと思います

守田英正とパワハラの関係は?高校時代に無免許運転は本当?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hidemasa Morita 守田英正(@mrt_510)がシェアした投稿

守田選手パワハラについて

守田選手のパワハラについて調査してみたところ一つの書き込みが見つかりました。

サイトを張っておきますので見てください。

【LINE晒し】免許失効&スマホ運転のサッカー日本代表守田さん、ガチクズの模様… : サッカー小僧まとめブログ (blog.jp)

大学時代のLINEの内容が流出しているようです。

LINEのやり取りをまとめてみました。

洗濯機のとこの出入り口の廊下汚れてるから朝食後すぐにピカピカにさせろできてなかったらお前ボコす

わかりました

掃除チェックやらんから終わらせといて

わかりました

ここ最近の1年の行動みてお前何を感じる?
生活態度、挨拶、集合時間、掃除

少なからず慣れが生じてきていると思います。

んで?

自分も強く注意出来てないところもあります。

だから?

LINEの相手が守田選手になるのでしょうか。

文字を太字にしてみました。

名前がhideになっていますね。

敬語を使っていることから上下関係になりそうです。

この掲示板の書き込みを見てみると大学時代のようです。

この守田選手と思わしき人がぼこすといっていますね。

体育会系の部活などではよくあることなのでしょうが、

今ではかなり問題となってきます。

これは過去のことになりますが、果たして守田選手とのLINEになるのでしょうか。

守田選手の無免許運転とは

守田選手は過去に無免許運転で摘発されたことがあります。

2019年なので24歳の頃になります。

当時クラブの朝の練習へ自動車で向かう途中、神奈川県の川崎市内で携帯電話を使用しながら運転していて、

警察に摘発された際、運転免許の期限が失効しているのがわかり、無免許運転となってしまったそうです。

もともとはしっかりと免許を持っていたということですね。

すぐにクラブへとっ復帰はできたもののこれについての処分として、

公式戦出場停止1試合ト制裁金処分となりました。

また管理者として強化本部長ト強化部長も一か月の減俸処分となったそうです。

詳しい金額についてはわかっていません。

無免許運転が守田選手のサッカー人生に大きな影響を与えなかったようでよかったです。

守田英正の高校時代とは

守田選手の無免許運転は高校時代ではなかったことがわかりました。

高校時代の検索については単純に気になった人が多かったからかもしれませんね。

高校時代についてみていきましょう。

出身高校は大阪の金光大阪という私立の強豪校になります。

全国大会にも出場する有名な高校ですね。

3年生の時はキャプテンを務め背番号は10番だったそうです。

ちなみに全国大会の出場はできなかったようです。

守田選手は高校時代の自分について雑誌のインタビューで話しています。

「全国大会にも出たことがなければ、全国区の選手でもなかった。埋もれていたと言うか。下手ではなかったですけど、特に上手くもない、という感じでしたね。高校はあまり名の売れていた感じでなかったです」

「下手ではないと思っていましたし、ボールを触ること自体はすごく好きでした」

実際に対戦した高校の選手は

めちゃくちゃ上手かったですよ

と興奮して話していて、その人は優勝したチームだそうです。

目立つ選手ではなかったのかもしれませんが、対戦した相手には球際の強さなど実感したのかもしれませんね。

恩師の監督が語る高校時代

金光大阪時代の恩師である、岩松哲也監督は森亜選手についてインタビュー記事がありました。

要約すると

入学当時がうまかったが並みの選手で、Jリーグのレベルではなかった。

クラブチーム出身の子にも負けず努力を積み重ねてきた。

責任感が強く、行動力がある

陸上部よりも走れた。

とありました。

素質はあったそうですが、目立って上手な選手ではなく、たたき上げとして成り上がってきたようです。

大学時代について

高校時代に続きLINEの件でもあった大学時代はどうだったのか。

大学は強豪校の流通経済大学の法学部に進学しました。

大学時代についてのインタビューによると

想像していたキャンパスライフとは違いサッカーの毎日だった

仲間もいて楽しかったが特に思い出とかはない。

それでも4年間は人生においても大きかった。

と話しています。

3年生の頃から頭角を現し、4年生になるとインカレでMYPを受賞するなど、一気にプロへの道が近づいたそうです。

サッカー漬け毎日という強豪校なら上下関係は厳しくあったのかもしれませんね。

まとめ

今回は守田選手について記事にしてきました。

クラブ批判として話題になりましたが、

過去にもいろいろとある選手のようです。

これからどうなっていくのでしょうか。

今後の動向や活躍に注目ですね。