一般人

鈴木誠也の通訳の松下登威は誰でどんな人?給料や年収や経歴についても

今季からメジャーリーグ・カブスでプレーしている鈴木誠也選手。

日本人の野手の中でも久しぶりの大型契約で、メジャーでの期待も高まっています。

まだ慣れていないせいか、オープン戦ではあまり成績が残せませんでしたが、

開幕戦では安打も放ち、順調な滑り出しとなりました。

そんな鈴木選手を見ていると、プレー中や会見の場で隣にいる男の人に注目が集まります。

通訳の人になりますね。

松下登威さんという方ですが、一体どんな人だ誰になるのでしょうか。

専属の通訳の方ということで年収や給料・経歴についても気になると思います。

そこで今回は

鈴木誠也の通訳の松下登威は誰でどんな人?給料や年収や経歴についても

ということでお送りしていきたいと思います。

鈴木誠也の通訳の松下登威は誰でどんな人?給料や年収や経歴についても

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木誠也(@seiya.suzuki.1)がシェアした投稿

鈴木誠也の通訳・松下登威

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木誠也(@seiya.suzuki.1)がシェアした投稿

鈴木選手の通訳は松下登威さんという方になります。

上の写真では青い服を着ている男性になります。

出身はグアムということが分かっています。

鈴木誠也選手の入団会見でも隣にいましたが、今どきの髪型でさわやかの男性ですよね。

鈴木選手は広島カープ時代から、笑いをとるキャラであったため、

カブスでもジョークを言うことがあるかもしれません。

そんな時に鈴木選手のジョークをどう英訳するのかがポイントとなりそうです。

通訳でいうと、メジャーリーグで二刀流として大活躍している大谷翔平選手の通訳の方も有名で人気となっています。

水原一平さんという方です。

常に大谷選手と映っていてイケメンであるため話題になりますよね。

大谷選手が所属するエンゼルスのグッズに水原さんがデザインされたTシャツがあるほど人気となっています。

鈴木選手はユーモアのある選手です。

これから活躍していくほど、松下登威さんの通訳が鍵となり、注目されていくかもしれませんね。

カブスの監督からの評価

鈴木選手が所属するカブスのデビッド・ロス監督は松下さんのことについて

「トーイはセイヤの持っているユーモアのセンスやエネルギーをそのまま伝えてくれる。楽しい協力関係だ」

と関係性について評価しています。

カブスの中では「トーイ」という愛称で呼ばれているようですね。

トーイの家族

 

この投稿をInstagramで見る

 

Toy Matsushita(@toymatsushita)がシェアした投稿

 

母親

 

この投稿をInstagramで見る

 

Toy Matsushita(@toymatsushita)がシェアした投稿

母親の誕生日の時の写真になるそうです。

とてもきれいな方ですね。

奥の席の方を見ると外国の方がいるので、

出身地のグアムでの写真になるのでしょうか。

祖父母?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Toy Matsushita(@toymatsushita)がシェアした投稿

投稿している文を読むと「PAPA」となっています。

多分祖父のことを言っているのではないでしょうか。

2020年8月16日に亡くなっているようです。

トーイさんが成長していく中で最もインスピレーションと影響を受けた人だと言っていますね。

いつかパパのような素晴らしい人になれるように頑張るとされています。

とても愛していたことがわかります。

 

松下登威の年収や給料は?

気になる松下登威さんの年収や給料についてですが、

500万円~になるのではないかと思われます。

はっきりとした年収や給料は判明しないので、あくまで推測になります。

松下登威さんの年収は球団のカブスや、鈴木選手の年俸などによっても変わってくるからです。

松下さんの収入源は主に二つあると考えられます。

それぞれ見ていきましょう。

球団との契約

一つ目が球団であるカブスとの契約です。

カブスが鈴木選手に対して通訳が必要と考えたのであれば、

球団のカブスと松下選手が契約していると考えられます。

カブスが松下さんを雇うという形に近いでしょうか。

日本のプロ野球の通訳の年収は400~700万円といわれています。

球団の通訳の求人を見てみましたが、報酬については明記しているところはありませんでした。

アメリカは日本よりも物価が高く、メジャーリーグは資本も大きいスポーツです。

なので日本の平均年収よりも多くもらっているのではないでしょうか。

ちなみにマリナーズなどに所属していた川崎宗則選手には通訳はいませんでした。

球団が必要としなかったからだそうです。

鈴木誠也との契約

二つ目に考えられるのが鈴木選手との契約によるものです。

メジャーリーグでは選手の年俸に通訳費も入っていることがあるそうです。

なので鈴木選手の年俸から給料が払われていることになります。

鈴木選手は5年で100億円の契約を結びました。

この契約金の中から五年間松下さんへ給料が払われる形になりますね。

鈴木選手からすると、コミュニケーションをとるうえで、

通訳は必要不可欠になります。

その重要性と年俸を考えるとかなりもらっているのかもしれませんね。

ちなみに川崎選手は年俸が5500万円であったため、自ら通訳を雇うことはできなかったそうです。

球団との契約にしても、選手との契約にしても

球団の資本力や選手の年俸によって

年収や給料が変わることに間違いはなさそうです。

松下登威の経歴

松下登威さんのこれまでに経歴についてですが、情報がありませんでした。

わかり次第追記していきます。

これからメディアに出ることで注目を集め、いろいろとわかってくるかもしれませんね。

ちなみに大谷選手の通訳の水原さんは、

メジャーへ行く前から、関係があったそうです。

水原さんは昔日本ハムファイターズの球団通訳をしていたそうです。

担当していたのがレアード選手になるそうで、レアード選手からの信頼は厚かったといいます。

レアード選手の活躍は水原さんがいなければなかったと言っているほどです。

大谷選手もそんな水原さんのことを近くで見ていて、信頼も持ったと思われます。

大谷選手がメジャーへ行く際に通訳として指名したそうです。

そう考えると松下登威さんも広島カープで通訳をしていた過去があるのかもしれません。

松下登威のインスタグラム

 

この投稿をInstagramで見る

 

Toy Matsushita(@toymatsushita)がシェアした投稿

松下さんはインスタグラムを開設していました。

投稿した写真を見ると鈴木選手との仲の良さが分かります。

 

 

まとめ

今回は鈴木誠也選手の通訳の松下登威さんについて記事にしてきました。

メジャーリーグであれだけ大きな金額が動くとなると、

通訳をしている人のん年収など気になりますよね。

これからどれだけ注目されていくのか楽しみですね。