アスリート

佐々木朗希の兄弟の名前は?職業や出身高校はどこで野球はやってる?

史上最年少で完全試合を達成した佐々木朗希選手。

登板するごとに話題となり、今ではアメリカでもニュースになるほどです。

そんな佐々木選手には兄弟がいますが、

出身高校や野球をやっているのか,などどんな方なのか気になりませんか?

そこで今回は

佐々木朗希の兄弟の名前は?職業や出身高校はどこで野球はやってる?

ということでお送りしていきたいと思います。

佐々木朗希の兄弟の名前は?職業や出身高校はどこで野球はやってる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐々木朗希(@rouki.sasaki)がシェアした投稿

佐々木朗希の兄弟

佐々木選手は兄と弟の三人兄弟の真ん中になります。

兄は佐々木琉希さんという方で今年24歳になる年代です。

弟の佐々木怜希さんは17歳で高校2年生になる年代になります。

名前に三人とも「希」という文字が入っていて素敵ですよね。

実は佐々木選手の名付け親は兄の琉希さんになります。

3歳の頃に好きで当時見ていた「百獣船体ガオレンジャー」に出てくる

悪役に「狼鬼(ろうき)」という敵がいて、弟とができると知って、

名前は「ろうき」がいいとなったそうです。

琉希さんの考えを聞いた母の陽子さんも気に入り名前が決まったそうです。

なので名前に「希」が入るのはたまたまだったのかもしれませんね。

二人の職業や出身高校などについて詳しく見ていきましょう。

兄・佐々木琉希

兄の琉希(りゅうき)さんは現在大学院2年生になると思います。

朗希選手の3つ年上になるからです。

なので就職は来年からということになります。

出身高校は朗希さん同じで岩手県の大船渡高校になります。

ちなみに野球部に所属していました。

高校時代朗希選手はエースで4番とチームの柱でしたが、

琉希さんも4番を打つなど中心選手でした。

ポジションはレフトだったそうです。

高校卒業後には岩手の東北学院大学に進学し、

大学卒業後はそのまま東北学院大学の大学院に進んでします。

現在も野球をやっているのでしょうか。

もともとサッカーが好きだったそうですが、

人気アニメの影響もあり小学生の頃から野球をやるようになったそうです。

ピッチャーをやっている兄の姿を見てあこがれて朗希選手もピッチャーをやっていたんだとか。

小学生の頃は父の功太さんがキャッチャーとなり二人して投げ込んでいたといいます。

父親代わり

佐々木選手は2011年に震災で父の功太さんを亡くしています。

それから父親代わりとして厳しく指導してくれたのが、兄の琉希さんになります。

もともと父の功太さんは子育てが厳しかったようで、長男の琉希さんには特に厳しかったといいます。

そのため父がなくなってから代わりに弟たちの面倒を見ていたのではないでしょうか。

今となっては当時を振り返ると兄の琉希さんには

父親代わりになってくれたことにとても感謝しているといいます。

すごく素敵な関係ですよね。

弟・佐々木怜希

弟の怜希(れいき)さんは現在高校2年生になります。

2005年度生まれということがわかっています。

二人の兄と同じく大船渡高校に進学しています。

大船渡高校の注目選手としてプロフィールがありました。

佐々木怜希

身長:177センチ

体重:63キロ

ポジション:内野手

最速球速:137キロ

右投げ右打ち

弟の怜希さんも小学生の頃から野球をやっています。

小学生の頃は「猪川野球クラブ」に所属し2017年の時には

東北6県のNO.1を決める「楽天イーグルス杯」で優勝しています。

出身中学は大船渡第一中学校になります。

野球部に所属していたので軟式野球をやっていたのでしょうか。

中学時代には岩手県の気仙沼センバツとしてもメンバーに選ばれたそうです。

現在は2年生ながらショートのレギュラーとして活躍しているそうです。

身長も高校2年生で177センチはかなり大きい方ではないでしょうか。

これからもまだ伸びると思います。

朗希さんと似て身長が高いですよね。

まとめ

今回は佐々木選手の兄弟について記事にしてきました。

・兄の琉希さんは東北学院大学の大学院2年生生

・弟の怜希さんは大船渡高校の2年生

・3兄弟そろって同じ高校

・全員野球の経験がある

ということになります。

弟の怜希さんはまだ現役の高校生です。

これからどんな選手になるのか。

プロ野球で共演はあるのか楽しみですね。