アスリート

佐々木朗希の母の保険会社は日本生命か住友生命?現役の営業マン!

世界中の野球ファンから注目を集める佐々木朗希選手。

完全試合をした後も白井球審との絡みもあり話題が止まりません。

そんな佐々木選手の母は保険会社に勤めていて現役の営業マンになります。

どこに勤めているのかなど気になりますよね。

そこで今回は

佐々木朗希の母の保険会社は日本生命か住友生命?現役の営業マン!

ということでお送りしていきたいと思います。

佐々木朗希の母の保険会社は日本生命か住友生命?現役の営業マン!

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐々木朗希(@rouki.sasaki)がシェアした投稿

母親は保険会社に勤めている

佐々木選手の母親は岩手の地元の保険会社に勤めていることがわかっています。

また営業マンとして活躍されているそうです。

名前は佐々木陽子さんという方で、佐々木選手の入団交渉などでメディアに出たことがあり、

美人であると話題になったことがあります。

またその時に持っていたバッグがエルメスの高級バッグ「バーキン」ではないかと

噂されたりしていますが、

保険の営業マンとして歩合給であるならバーキンを買えるほど収入がいいのかもしれませんね。

日本生命か住友生命か

母・陽子さんの勤めている保険会社について

どこの保険会社であるのか考察していきたいと思います。

佐々木選手の地元は岩手県大船渡市になります。

弟の怜希さんも現在大船渡高校に通っているので、母・陽子さんも大船渡に住んでいると思われます。

なので大船渡市にある保険会社に勤務しているのではないでしょうか。

保険営業の9割が女性

そこで考えられるのが日本生命か住友生命になります。

まず理由としては

日本の生命保険の営業職員の9割が女性を占めているといわれているからです。

皆さんの周りでも女性が営業をしている人が圧倒的に多いのではないでしょうか。

なので生命保険の営業マンであると考えられます。

拠点数の2トップ

次に生命保険を扱っている会社を見ていきましょう。

生命保険を扱っている会社はいくつもありますが、

勤めている企業で確率として高いのは日本生命と住友生命になります。

日本で営業拠点数が多い保険会社は1位が日本生命で2番目が住友生命になるからです。

大船渡市にある日本生命と住友生命の営業所を見ていくと

・日本生命保険相互会社盛岡支社大船渡営業所:岩手県大船渡市大船渡町字野々田29-1

・住友生命保険相互会社盛岡支社陸前高田支部:岩手県大船渡市赤崎町字諏訪前37-1

にありました。

この二つの会社に勤めている可能性が高いのではないでしょうか。

保険営業マンとなった理由

母・陽子さんが保険会社に勤めることになった理由を考察していきます

女性が働きやすい

2社ともに言われていることが女性にとって働きやすい環境であるということです。

保険営業は女性しかいなく、体調面や育児などについて社内の理解が得やすいため、

夫の功太さんを震災で亡くし女手ひとつで育てていく陽子さんには、

いい環境だったのではないでしょうか。

結婚して子供のいる女性が多く働く職場でもあるので、相談や調整などがしやすく融通が利くとのことです。

営業職で自分でスケジュールを組むことができるので、授業参観や子供の行事などに参加したりできるそうです。

働き方改革も進み女性が多い業界ということもあり、女性への理解がかなりあるのではないでしょうか。

給与面がほかの業界よりも高い

保険の営業職はインセンティブ(奨励・報償)が多く実績を積んだ分だけ給与に反映されていくケースが多いです。

保険の契約が多ければそれだけ収入が多くなっていくということです。

また住友生命は周りと比べても高水準であるといわれえ¥ています。

佐々木選手は3兄弟になります。

母子家庭で3人の子供を育てていくとなるとかなり経済面で大変だと想像できます。

そうなると歩合給や営業成績と連動する給与形態である、保険の営業職になったのではないでしょうか。

営業マンとして活躍しているとあったのでそれだけの成績を残しているのではないでしょうか。

こうしたことから母の陽子さんは自分に合った職場を選んだのではないでしょうか。

女性として働きやすく、家族のことを優先にできる。

そして高水準の収入も可能であるということです。

しっかりとすべての面を考えていて素敵なお母さんですよね。

まとめ

今回は佐々木選手の母・陽子さんのことについて記事にしてきました。

・母・陽子さんは現役の営業マンである

・確率的に日本生命か住友可能性が高い

となります。

勝手にどこの保険会社であるのか考察してみました。