野球選手

西純也は西勇輝と親戚!父や弟の甲子園デビューについても

プロ野球阪神タイガースで佐々木郎希選手と同世代の西純也選手。

プロ3年目走なる今年はブレークするであろうと期待が高まっています。

実は同じチームにいる西勇輝選手は親戚関係になります。

また弟も野球をしていて家系がすごいです。

どんな選手たちなのか気になりますよね。

そこで今回は

西純也は西勇輝と親戚!父や弟の甲子園デビューについても!

ということでお送りしていきたいと思います。

西純也は西勇輝と親戚!父や弟の甲子園デビューについても

 

この投稿をInstagramで見る

 

西純矢 /Junya Nishi(@nishi_junya_15)がシェアした投稿

西純也のプロフィール

西選手の簡単なプロフィールについて紹介します。

西純也 (にし じゅんや)

生年月日:2001年9月13日

出身地:広島県

身長:184cm

体重:90㌔

投打:右投げ右打ち

高校は岡山県の創志学園高校で2年生の春からエースになっています。

2年生の夏に甲子園出場し2回戦まで進んでいますね。

甲子園では試合中の派手なガッツポーズが話題となり、2回戦では審判に注意を受けました。

残念ながら3年時には甲子園には出場できませんでしたが、U-18の日本代表としてメンバーに選出されています。

2019年ドラフト1位として阪神に入団しこの世代は

佐々木郎希(大船渡)・奥川恭伸(星稜)・及川雅貴(横浜)の4人で「BIG4」と呼ばれている世代になります。

 

 

西純也と西勇輝の関係

阪神タイガースに所属している西純也選手と西勇輝選手は

同じピッチャーでありながら親戚関係になります。

父方の曽祖父が兄弟同士という遠縁の親戚になるそうです。

西勇輝選手が以前在籍していたオリックス時代に西純也選手との親戚関係については

「面識はないけど投げる変化球や球種が似ている。一度会ってみたいし頑張ってほしい」

と話していました。

今ではそれが実現していますね。

また西純也選手が阪神に入団が決まった際に球団側が

縁があって西勇輝選手とつながっていることから、西勇輝選手の背番号(16)と並んで「15」番がいいのではないか

と考えていたそうです。

実際に西純也選手は「15」の背番号をつけています。

親戚同士の夢の共演ということですね。

西純也の父

西純也選手の父親は雅和さんという方ですが亡くなられています。

西選手が高校一年生の秋で45歳という若さになります。

死因は脳幹出血でした。

高校時代の帽子のつばには「10.11」の文字がありましたが

父親の命日だったそうです。

雅和さんが亡くなってからは西選手のやきゅに対する姿勢が見違えるほど変わっていたそうです。

センスと経験だけでやっていたものをランニングの送料やブルペンの投球内容などが大きく変わったと言います。

試合中にピンチを招くと空を見上げるようになり、高校2年の夏に出場した甲子園で話題となったガッツポーズは天国にいる父親に向けてと言われています。

それほど西選手にとってお父さんの存在は大きく影響を与えたということですね。

弟が甲子園デビュー

西選手の弟が2022年のセンバツ甲子園に出場しました。

広島の広陵高校で西凌矢選手です。

簡単にプロフィールについて紹介します。

西凌矢 (にし りょうや)

生年月日:2004年5月31日

出身地:広島県広島市

身長:180cm

体重:80㌔

ポジション:外野手

投打:右投げ右打ち

50m走:6.4秒

遠投:120m

センバツ高校野球の1回戦福井の敦賀気比戦でデビューしました。

8回の2死満塁の場面で代打として途中出場し、レフト戦の2点2塁打を打ち勝利に貢献しています。

180cm80㌔の体格を生かし長打力が持ち味で主に右の代打として活躍しています。

阿品台中学校時代には広島ボーイズに所属し、ジャイアンツカップや春夏の全国大会に出場しています。

兄の西純也選手が高校時代に甲子園で活躍しているのをアルプスの応援席で観戦し、

自分も同じ甲子園の舞台に立ちたいと近い広島の甲子園強豪校である広陵高校に進学しました。

センバツ大会の前まではメンバーがいでしたが急遽選ばれることになり、

センバツとして甲子園出場の夢はかなっています。

少ないチャンスをものにして素晴らしいですよね。

「ぎりぎりで最後に入った選手ですがパンチ力があり、思い切りもよく、非常に練習熱心で真面目な子。よく打ってくれました」

と監督からも評価されています。

今年の夏は甲子園への切符をつかみ取れるか楽しみですね。

まとめ

今回は西選手のことについて記事にしてきました。

西選手の周りには野球でかなり影響力のある人や影響を与えている人が多くいました。

それだけにこれからの活躍に注目が集まります。