YouTuber

【ノンタイトル】青木康時は誰でどんな人?会社やプロフィールについても

起業リアリティショー番組でチーフとして出演している青木康時さん。

すごくイケメンで番組出演者にアドバイスをして進めていきますが、いったいどんな方なのでしょうか。

社長をやっているのか、どんな会社なのか気になりますよね。

そこで今回は

【ノンタイトル】青木康時は誰でどんな人?会社やプロフィールについても

ということでお送りしていきたいと思います。

【ノンタイトル】青木康時は誰でどんな人?会社やプロフィールについても

 

この投稿をInstagramで見る

 

koji aoki (青木 康時)(@kjak54)がシェアした投稿

青木康時のプロフィール

青木康時 (あおき こうじ)

生年月日:1977年生まれ

出身地:岐阜県

学歴:愛知大学経営学部卒業

職業:連続起業家・事業戦略家・YOUTUBEプロモーター

青木康時さんはノンタイトルの番組内でメンバーをサポートするチーフメンターとして出演しています。

20代前半に芸能活動をしたあと、26歳の時に6人の仲間とともに2004年2月に携帯電話・通信機器の営業会社を始業。

創業5年で年商50億円にまで会社を大きくする。

2008年9月に先であったウォーターサーバー事業のウォーターダイレクトへ転職。

営業部長として3年で年商30億円に売り上げの伸ばす。

 

2012年11月にECサイト事業を行うアクティブソナーを起業。

ラグジュアリーブランドの委託販売サービス「RECLO(リクロ)」の運営などを始める。

青木康時の学歴

青木康時さんの学歴について調査しました。

高校は岐阜県立大垣北高等学校出身になります。

偏差値は66と進学校になります。

卒業生には小説家の朝井リョウさんがいます。

大学は愛知大学経営学部を卒業しています。

偏差値は47~55になります。

卒業生にはRIZINの代表・榊原信行さんがいます。

青木康時の会社

青木康時さんの経営している会社や事業などを見ていきましょう。

ファインスプリングス(富士山の銘水)

富士山の銘水 (元:ファインスプリングス)

設立日:2010年11月

資本金:100,000,000円

本社:東京都中央区銀座1丁目16番1号東貨ビル2F

本社・工場:山梨県富士吉田市吉田4961番地1

事業内容:ミネラル水の製造・販売・輸出入

2010年4月にウォーターサーバー事業のファインスプリングス・現在の「富士山の銘水」を起業します。

創業2年で11万人の顧客を獲得しグループ年商40億円を達成。

工場は富士山の北麓にあり、標高約1,000mの場所で採水・製造をしています。

富士山の天然のフィルターで、数十年の時間をかけてゆっくりと濾過された高品質で安全な水を資源として利用しきれいな天然水が採水されているそうです。

その天然水を利用した販売やOEMなどが事業となります。

現在は代表取締役とはなっていません。

アクティブソナー

アクティブソナー

設立日:2012年11月

住所:東京都港区芝1-9-3 芝マツラビル2F

資本金:723,000,000円

 

この投稿をInstagramで見る

 

RECLO(@reclo)がシェアした投稿

ハイブランド品専門の販売や買取サービスを行うリセールストア「RECLO(リクロ)」の事業を展開しています。

「メルカリ」や「ラクマ」などのフリーマーケットアプリのハイブランド版となるでしょう。

中国市場でのブランド品の買い取りを進めて、アジアでの事業拡大を図っています。

リセール事業の発案に至ったのはフリマアプリが盛り上がりを見せた頃になるそうです。

フリマアプリが社会インフラになると考えた青木さんは今後利用者がどいうことに困るのかを逆に考えたと言います。

CtoC(個人間取引)でやり取りをする際に

・車は誰が整備するのか

・食べ物の衛生チェックは誰がするのか

・高級品やデジタルのものは誰が動作確認をするのか

高級品と専門性の高いブランド品は必ず不安が付きまとう着目したそうです。

そこを一手に引き受けて不安を解消するサービスとなったのが「RECLO」になります。

はじめは一人だけではじめ何もできなかったそうですが、何とか資金を集めて続けてきたと言います。

現在は世界180ヶ国に販路を持つほど事業が成功しています。

株式会社侍パートナーズ

株式会社サムライパートナーズ

設立日:3007年8月

東京本社:東京都千代田区丸の内 1-6-5 丸の内北口ビルディング9階 WeWork内

九州本社:福岡県福岡市東区香椎駅前2丁目8-18-405 エムビルデベロップコアⅢ
代表取締役社長:本田直裕

 

メディアとして成長高いYouTubeを対象に、総合ソーシャルプロモーションを実施。

動画企画、番組制作、D2Cビジネス、企業プロモーション、集客企画などをサポート。

プロモーション事業本部長として活動しています。

今回の番組であるノンタイトルもプロモーションしています。

まとめ

今回は青木康時さんのことについて記事にしてきました。

起業家として活躍し実績のある方でした。

今後番組内でどういった展開になっていくのか楽しみですね。