YouTuber

優里のタトゥーで腕にある「詩」の意味や入れた時期など調査

「ドライフラワー」などを大ヒットさせた歌手の優里さん。

最近腕にタトゥーのようなものが見えると話題になっています。

どんな意味がありいつから入れているのか調査してみました。

そこで今回は

優里のタトゥーで腕にある「詩」の意味や入れた時期など調査

ということでお送りしていきたいと思います。

優里のタトゥーで腕にある「詩」の意味や入れた時期など調査

 

この投稿をInstagramで見る

 

優里(@yuuri__music__official)がシェアした投稿

優里の腕にあるタトゥー

優里さんの腕にタトゥーがあると思われる写真を見てみましょう。

右腕の肘の内側近くにタトゥーが見えますね。

ネット上ではタトゥーシールではないかという声もありましたが、

ずっと日にちが経ってもずっと確認できるのでタトゥーだと思われます。

腕のタトゥーのデザインは「詩」

腕にあるタトゥーのデザインについてですが、漢字の「詩」になると思われます。

「詩」とはどういう意味なのか。

優里さんはタトゥーについて今のところ何も話していません。

優里さんのこれまでの歩みから「詩」のデザインを入れた意味を考えてみたいと思います。

MY FIRST STORYのHiroとの出会い

優里さんはシンガーソングライターとして活躍していますが

現在のように人気となるまで路上ライブなどをしていた過去がありました。

優里さんはもともと2014年に結成された4人組ロックバンド「THE BUGZY」のボーカルとして活動していましたが、

2019年の5月に解散することとなってしまいソロアーティストとしての活動を開始します。

その時にギター一つで弾き語りの路上ライブを東京を中心に歌っていたところ、

2019年の10月に奇跡の共演が起こりました。

MY FIRST STORYの「『花』 -0714-」をライブしている時に、

MY FIRST STORYのボーカルHiroさんが偶然近くにいたことで

2番から飛び入りでライブに参加することとなりました。

この奇跡のサプライズによって路上ライブが話題となり優里さん歌声も注目されることとなったのです。

それ以降優里さんはMY FIRST STORYのライブに参加したり、

優里さんの作詞作曲した「かくれんぼ」のレコーディングをHiroさんが監修をつとめるなど

交流が続いていくようになりました。

そして2020年に「ドライフラワー」が生まれ優里さんが一躍脚光を浴びるというシンデレラストーリーとなったのです。

「詩」が人生を変えたから

優里さんはシンガーソングライターとして活躍されていますが、

「詩」という音楽によってここまで来ました。

路上ライブという音楽によってMY FIRST STORYのHiroさんとも出会たのです。

その音楽の「詩」が優里さんに対してすごく大きな意味をもっているから

タトゥーとして腕に入れたのではないでしょうか。

タトゥーを入れた時期

タトゥーが確認された時期は2022年の4月ころからになります。

ファンの間では優里さんがタトゥーを入れたことに関してSNS上で話題となっていました。

結構ショックだった方もいたようですが、今後どのような反応が増えてくるのでしょうか。

優里チャンネルのメンバー・じゅんさんがかなりタトゥーを入れていたため、

それも影響して一緒に入れたのかもしれませんね。

SNS上での反応

優里さんが腕にタトゥーを入れたことに関してどんな反応があるのか見てみましょう。

・右手の内側に「詩」ってタトゥー入ってて、びっくりしたけど優里くんっぽいなって思った

・優里さんは入れて欲しく無かったなあ

・優里のタトゥーダサいとか言うレベルをはるかに超えている。

・優里さんタトゥー入っててびっくりした!

とタトゥーを入れたことに関してかなり驚きの声がありました。

これからどんな反応が増えていくのでしょうか。

まとめ

今回は優里さんの右腕に彫られたタトゥーについて記事にしてきました。

少し驚きのファンもいたのではないでしょうか。

右腕の肘の内側に「詩」という文字のデザインになります。

もしかしたら今後もっと増えていくかもしれません。

今後の動向やファンの反応はどうなっていくのでしょうか。