暮らし

サル痘は跡残る?マスクのみの予防方法で大丈夫か調査

世界中で感染が確認され始めたサル痘ウイルス。

新型コロナウイルスが納まらないなか、感染が広がり始め話題となっています。

サル痘ウイルスに感染した人の写真を見ると皮膚がブツブツとしていて、

跡が残るのではないかと不安になりますよね。

また感染に対する予防方法はマスクのみで大丈夫なのかについて調査してきました。

そこで今回は

サル痘は跡残る?マスクのみの予防方法で大丈夫か調査

ということでお送りしていきたいと思います。

サル痘は跡が残る?

現在サル痘ウイルスに感染した人が回復後に、跡が残るケースもあると報告されています。

似たような症状に天然痘というものがありますが、

天然痘もサル痘と同じ発疹の症状が現れて回復後も跡が残ることもあります。

なのでサル痘も跡が残ることも考えられそうです。

現在報告されているサル痘の流行はアフリカを中心としています。

アフリカではHIVの母子感染で免疫疾患を持つ若年層が多くいるため、

日本などの先進国ではどのように感染していくのかよくわからない状況です。

いずれにしても感染しなければ跡が残ることはなさそうです。

サル痘の後遺症は?

サル痘の後遺症は現在のところ発疹による跡が残ることしか、情報は得られませんでした。

発疹以外のサル痘の症状として発熱や疲労感、頭痛、警部・鼠径部リンパ節の膨大があげられます。

新型コロナウイルスでは、倦怠感や不安、抑うつといった後遺症も見られています。

今後サル痘でも後遺症が報告されるかもしれませんね。

サル痘の予防方法はマスクのみで大丈夫?

結論から言うとマスクのみの予防方法では足りないようです。

具体的にどんな予防方法があるのか見てみましょう。

ワクチンの接種

1980年に根絶された天然痘ウイルスに対するワクチンが、効果的であるとされています。

感染拡大防止のために天然痘ウイルスの確保に動いている国もあり、現在日本でも天然痘のワクチンを生産・備蓄のを始めているところです。

ヨーロッパ疾病予防管理センターによると役85%の発症予防効果があるとされています。

ワクチン接種はかなり有効化もしれませんね。

人との接触を避ける

感染した人の発疹や体液に触れたり、飛沫を浴びたりすることで感染する可能性があるとされています。

人から人への感染経路も可能性もあるそうです。

一般的には感染力が弱いと言われていますが、マスクのみでは飛沫を防ぐのみとなってしまうので、

できるだけ人との接触は避けた方がいいでしょう。

コロナウイルスと同様にむやみに物などの触れない方がいいのかもしれません。

動物に近づかない

サル痘はネズミやリスなどの仲間がウイルスを持っているとされています。

ウイルスを保有した動物の血液や体液・保身に触れることや、かまれることで感染することもあるそうです。

ネズミなど動物には近づかない方がいいでしょう。

手洗いうがい

日常的に行われている田荒井やうがいも効果的なようです。

普段通りの衛生管理をしている限りは心配ないとのことです。

サル痘の治療方法

現在サル痘の治療方法は見つかっていません。

通常は2週間ほどで自然に回復するそうです。

子供や妊娠している女性、基礎疾患のある人は重症化しやすいそうですが、

ウイルスにさらされてからから4日以内に天然痘のワクチンを接種することで感染を予防する効果が、4~14日以内の接種で重症化を予防する効果があるとされています。

天然痘のワクチンがかなり有効的なようですね。

まとめ

今回はサル痘ウイルスは跡が残るのか、予防方法な何が効果的かについて記事にしてきました。

簡単にまとめると

・跡が残る可能性も報告されている

予防法は

・天然痘のワクチン接種

・マスクをする

・人との接触を避ける

・動物に近寄らない

・手洗いうがい等の日常的な衛生行動

があげられます。

ニュースの記事を元にしてかきました。

少しでも参考にしてもらえたらと思います。