未分類

黒田東彦総裁に辞めろや更迭の声!炎上や批判で解任や辞任?

日本銀行のトップである黒田東彦総裁。

「家計が値上げを受け入れている」とする講演会で話した内容が日本中で大きな話題となっています。

SNS上では「#値上げ受け入れてません」としたハッシュタグが広まり、

国民の怒りが収まりません。

この黒田東彦総裁の炎上や批判によって解任や辞任することとなってしまうのでしょうか。

そこで今回は

黒田東彦総裁に辞めろや更迭の声!炎上や批判で解任や辞任?

ということでお送りしていきたいと思います。

黒田東彦総裁に辞めろや更迭の声!

国民からは辞めろや更迭するべきだといった声が大きくなっています。

Twitter上ではかなり投稿されていて国民かなり怒らせてしまったことがわかります。

黒田東彦総裁の炎上

今回の「家計が値上げを受け入れている間に,,,」とした発言で

Twitter上では”辞めろ”や”更迭”といった言葉以外に、

#値上げ受け入れてません というハッシュタグで炎上となっています。

Twitter上でトレンド入りしてしまうほどの広がりを見せている状況です。

黒田東彦総裁の発言は6月6日の講演でのものになり、翌日の6月7日に謝罪をしていますがそれでも国民の怒りを抑えきれていません。

この発言に対してもう一度何かしら謝罪やアクションがないと炎上は収まりそうになさそうです。

黒田総裁への批判

黒田総裁に対しての批判は発言だけでは収まらないようで、

国民の生活に対してもっと寄り添うようにという声もあります。

日銀の総裁の年収は約3500万円とされています。

そうした中、月収20万円のくらしをわかっているのか?

といった批判もありました。

 

黒田総裁の解任や辞任は?

解任や辞任については可能性としては考えられます。

それぞれ見ていきましょう。

解任について

日本銀行の総裁は衆参両議院の同意を得て内閣が任命します。

日本銀行の総裁は

・破産手続き開始の決定を受けた時

・禁固以上の刑罰を受けた時

・法の規定により処罰をされた時

・心身の故障のため職務を執行することができないと委員会(監事にあっては、委員会及び内閣)により認められたとき

とした、上にあげられている事由に該当する場合を除いて、解任されることはないとされています。

そのため炎上や国民の批判が納まらないとした理由では解任されないのでしょう。

もしくは黒田東彦総裁が今回の件で精神的追い詰められて健康上の理由として解任させられることがあるかもしれません。

解任させる方法は?

日本銀行の総裁を含む役員は衆参両院の同意を得る必要があるので、

選挙で現在の与党となる自民・公明両党以外の党に投票することになるのでしょうか。

実際にネット上では次の参議院選挙に行こうといった声も上がっています。

今回の騒動で野党がこの件を問い詰めていくことや、選挙の材料として使うことが予想されます。

黒田東彦総裁の任期は2023年4月までとなり、歴代最長の任期をつとめています。

選挙や世論等を考えると、次任命されることは厳しいかもしれませんね。

辞任について

これだけ日本中で騒動となってしまった状況です。

炎上や国民のひんしゅくを買い、騒動を起こした責任として自ら辞任してしまうことは考えられます。

過去には2013年に当時の白川方明総裁が任期を満了する前に辞任しています。

理由は「新しい日本銀行の体制で金融政策を議論していくに適したタイミング」であると

白川元総裁が話していたました。

理由は違いますが今回の件で黒田東彦総裁が辞任することは可能性として考えられます。

まとめ

今回は日本銀行の黒田東彦総裁のことについて記事にしてきました。

・国民から辞めろや更迭の声が上がっている

・#値上げ受け入れませんとTwitter上で炎上している

・黒田総裁が解任されることはないが辞任の可能性はある

といったことになります。

今後どう動きがあるのか注目ですね。